スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたせ昆布老舗

温故知新 老舗昆布店に新しい風 

きたせ昆布老舗

DSCF6250.jpg


創業明治45年(1912年)開業
伏見の地で100年愛されつづけた「おこぶ」の老舗 
きたせ昆布老舗

お店は 納屋町商店街と中書島繁栄会にあり 今回は中書島店を取材させていただきました

こちらのお店は 以前は 昆布の加工場として運営されていましたが、
平成22年に2号店として開業されました(納屋町店は昭和10年開業)

店内には アンティークな振り子時計やレジスター 木箱などなど
創業100年の歴史を感じる小物も センスよくディスプレイされています 

DSCF6255.jpg


DSCF6268.jpg

日本の料理に欠かせない 昆布
出汁を取るだけではなく 様々な使い方のバリエーションを
斬新なアイディアの ワークショプを開催し 若い世代にも伝えておられます

昨年より開催されてるワークショップは

こだわり豆腐を使っての 昆布の種類味比べや

昆布とヴィーガン料理のコラボレーション
身体にやさしい こくのある昆布のポタージュスープの作りかた教室

切り絵作家参の昆布アートの千枚漬け作り、、などなど

これからもシリーズ化して開催されます

また おすすめはご主人デザインのオリジナルパッケージの佃煮
原料に 伏見の清酒 伏見のしょうゆなど 地元のものを使う事にこだわっています
パッケージの図案は伏見の版画作家 ミナコカワウチさんの作品です
お土産に気の利いた一品

DSCF6264.jpg

また 瓶詰めのゆず胡椒昆布もおすすめ
材料にこだわり 手づくりされた佃煮昆布は
違いの分かる 大人向けのお昆布です
瓶の掛け紙も 一つ一つ柄がちがい とってもお洒落

DSCF6265.jpg


これからも原料にこだわり 昔ながらの製法で手間ひまをかけて
伏見のきたせ昆布老舗にしかない
お客様を満足させる こだわりの おこぶ を提供していきたいとおっしゃっています

DSCF6253.jpg


<きたせ昆布老舗 お店情報>
所在地  京都市伏見区南新地4-2
     075-601-1965・075-601-4528
定休日  火曜日
URL  http://www.okobu.com/
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。