スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月桂冠大倉記念館

月桂冠の歴史と文化・伏見の酒造りの博物館 

月桂冠大倉記念館は 月桂冠の酒蔵(明治の建造物)を改装し 1987年(創業350周年)に開設された資料館です。
酒造りの歴史や文化にまつわる貴重な資料や 昔の酒造り用具などを展示
伏見の酒造りや歴史の資料も観る事ができ 観光シーズンはもとより 
連日見学の方々で にぎわっています。

おもむきのある格子戸を開け建物に入るとすぐ左手に明治頃の両替商の帳場を復元した展示スペースがあります。
両替天秤や提灯箱など 創業当時使っていた物がそのまま展示されています。
(その当時 酒造業と両替商兼業されていました)

2013-06-207.jpg

順路に沿って進むと中庭にでます 
酒造りにはかかせない湧き水の井戸があり 試飲する事が出来ます。
日本名水100選のひとつ御香水(御香宮の湧き水)と同じ水脈の湧き水。
お酒作りに適した中硬水 ゆっくりめに発酵して肌理の細かい柔らかいお酒になります

DSCF9269.jpg

酒造りの唄が BGMで流れる展示室では 寛永14年(1637年)「笠置屋」として 笠置の地から伏見に移り 酒造りを開業した当初からの資料や
酒造りの行程にそって 昔ながらの酒造用具を見学する事が出来ます。
所有されている約6000点以上の酒造用具は すべて 京都市指定の有形民俗文化財に指定されています(1985年に指定)
そこにいると 樽や甑にしみついた お酒の香りが漂ってきます。

2013-06-20.jpg 2013-06-201.jpg

洗米 お米を洗い漬けておく道具

蒸す 甑(こしき) 米を蒸す事によって米が のり状のでんぷんになります

麹作り 麹菌の酵素の力で 米のでんぷんを分解

酒母作り アルコール発酵する酵母を繁殖させる

もろみ仕込み 日本酒になる前の発酵行程
↓ 
酒しぼり いよいよ 濾してお酒が出来ます 絞って板状になった残りが酒粕です。

DSCF9287.jpg

昔の酒袋 柿渋で染めた(殺菌作用)木綿素材

この絞られ熱を加えないお酒が「生酒」といわれるものです。
これらの行程が 昔の道具を見学しながら ゆっくり見る事が出来ます。
(各箇所に説明の書いた案内板が設置してあります)

お部屋変って 資料室

2013-06-202.jpg

笠置屋 寛永14年創業時の 銘柄「玉泉」の商標図柄(右上)
(おなじみの月桂冠の酒銘は 明治に入ってから登場)

業界初の壜詰め(大倉式猪口付き壜)のお酒(左上) 
ガラス壜が導入される前にはお酒は樽詰めで出荷され、消費者は焼物の徳利を持参して、樽酒を量り売りで買っていました。
それを衛生的なガラス壜に詰めて、密閉式の蓋をして、衛生的で長期保存できるようにしました。
ですが 徳利持参の習慣は根強く 壜詰清酒の販売は苦戦しました。
徳利を持って行きにくいところで壜詰の清酒を販売しようと、その当時鉄道が整備されて来た事で 旅先をターゲットにと 駅で販売するための密閉式の蓋の上にコップをつけた「大倉式猪口付き壜」を開発。
この蓋式のコップ ゆれる汽車の中でもこぼれないしかけになっています。
また 遮光瓶(色のついた瓶)をいち早く取り入れたのも 月桂冠です。

海外(主にハワイ)に流通していた月桂冠や 第二次世界大戦中
軍におさめていたお酒 はたまた 偽物などなど珍しいお酒も展示しています。(下)

2013-06-204.jpg

新しい事 時代の流れをうまく読み取って 常に新しい事に取り組んで来た月桂冠
ポスターには 「防腐剤無添加」の表示がされ 早くから衛生面や 身体によい物をという 研究がなされて来ました。
業界初のボトリングプラント(オートメーションの瓶詰め作業場)を開発(写真右上)
このほか 気温に敏感な酒造りにおいて どの季節にも同じ条件で酒造りが出来るように空調設備の導入など 製造環境の合理化にも力を入れてきました。
こう言った努力と 時代の流れに沿った変化を旨く取り入れる事によって
瞬く間に全国に「月桂冠」の名前が知れ渡りました

2013-06-203.jpg

写真は大正時代の大倉家本家の写真(右下)と現在の同じ場所です。
江戸時代京都の町家では最大級言われた町家 鳥羽伏見の戦いで この界隈は
火の海となりましたが この屋敷は 奇跡的に難を逃れ 当時のままの姿を残しています。

2013-06-205.jpg

見学の後は試飲コーナー
復刻版 月桂冠(左)限定販売大吟醸 玉の泉(中)プラムワイン(右)
この3つがおちょこで 試飲できます。
(車 バイク 自転車を運転してこられた方は試飲できません。
 未成年者 妊娠中 授乳中の方も試飲をご遠慮ください。)

2013-06-206.jpg

また お土産処では 試飲した お酒をはじめ ここでしか変えない限定品や
他社とのコラボレーション企画(お菓子や 日本酒ベースのカクテル)、
同じ水をつかった 豆富や湯葉、酒粕ドレッシングなどなど
月桂冠オリジナルの商品がずらりと並びます
(お土産処のみのご利用は 入場無料)

伏見観光に そして夏休みのお子様の社会見学にもおすすめです。

DSCF9344.jpg

<月桂冠大倉記念館 情報>
住所:京都市伏見区南浜町247番地
   京阪本線「中書島駅」から徒歩5分~7分

   近鉄京都線「桃山御陵前駅」から徒歩10分~15分
電話:075-623-2056
営業: 9:30~16:30
    盆、年末年始 休み
入館料:大人=300円、中学・高校生=100円
    おみやげ付き:純米酒(180ML)1本
   (未成年の方は「酒造り絵はがき」)
駐車場:バス4台(要予約)、乗用車22台

URL:http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/index.html
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。