スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノパン (ベーカリー)

~ 赤い扉の奥に広がる ベーカリーの世界 ~

のどかな田園風景と 工場が立ち並ぶ府道15号線沿いに一際目立つ赤い建物 テクノパン

昔 テクノバンドのドラマーだったという伏見区出身の店主 佐々木氏にお話を伺いました。

DSCF2184.jpg

元から物作りが好きで、老舗ベーカリームーランでの修行を皮切りに、他の個人店ベーカリーからリーガロイヤルホテルのベーカリー部門、ロンドンのアジア人向けのベーカリーで修行を積んできました。

帰国後、はじめは左京区でベーカリーをオープン、手作り市を中心に話題のお店に。
2010年から地元でもある伏見で営業を開始しました。


安全な食材を正統派の作り方で!を大切に、パンの仕込みはすべて佐々木氏一人で行います。
店内には、平日は40種類 土日は限定のパンも含め60種類ほどのパンが並びます。

DSCF2178.jpg 選びやすいように配慮されたディスプレイ

DSCF2168.jpg パン生地に向かう佐々木氏 うしろの壁にはイギリスのユニオンフラッグ!


周りに畑の多い場所柄、地元で取れる野菜を近隣の農家から直接仕入れる食材もあります。

DSCF2172.jpg DSCF2204.jpg みずみずしい 地元淀産の九条ねぎと ぴりりと効いた柚子胡椒が絶妙!

DSCF2203.jpg 分厚いロースカツを巻き込んだ焼きこみ調理パン 味噌カツパン

DSCF2208.jpg しっとりパン生地に甘酸っぱいりんごとカスタードのパン

DSCF2212.jpg 色んなパンで作ったラスク 硬さや食感の違いが癖になる

DSCF2177.jpg エルマガジン社Richer(リシェ)に掲載された食パン

DSCF2179.jpg イートインスペースは遠方のお客さんにもうれしいサービス

DSCF2174.jpg ドリンクコーナーは流行りの炭酸水 珍しいメーカーも。

DSCF2181.jpg テクノパンファンの地元アーティストとのコラボレート ブレッドバッグ


パンの種類が個人店と思えないほど豊富。パンひとつひとつが大きめで、どれもボリュームがあります。

開店当初からの売りでもあるハードのバゲットから、バリエーションの多いセミハード系、惣菜パン系、菓子パン系・・・色んな世代の方に愛される地元ベーカリーです。


<テクノパン お店情報>
所在地:京都市伏見区淀際目町241-6

電 話:075-631-5599(FAX同じ)

アクセス:京阪淀駅 徒歩20分 京阪淀駅下車、京阪バス21系統藤和田停 徒歩2分

     府道15号線淀際目の信号すぐ

定休日:火曜日・水曜日

営業時間:月木金 9時から18時  土日祝 7時から18時

パーキング:3台分(店舗前)

イートイン:テーブル1 カウンター

FB:テクノパン

DSCF2188.jpg




スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。